肉を食べないと太る?脂肪を燃焼させるL-カルニチンとは

脂を気にして肉を食べないようにしているのに太ってしまう人や、運動をしているのに痩せにくくなったという人は、L-カルニチンが少ないのかも知れません。

牛肉

 目次
1. 肉を食べていないのに太るのはなぜ?
2. L-カルニチンのダイエット効果
3. すき焼きは栄養バランスがよい
4. 筋肉と牛丼
5. L-カルニチンのサプリメント

 




 

肉を食べていないのに太るのはなぜ?

L-カルニチンとは

L-カルニチンは、体脂肪を燃焼させるために必要なアミノ酸です。
肝臓でも少量が合成されますが、ほとんどは肉類から摂取したものです。
歳をとると代謝が落ちて太りやすくなるのは、L-カルニチンの減少が原因の一つでもあります。
また、アルツハイマー病の初期症状の改善に効果があるとも言われています。

肉類に多く含まれる

L-カルニチンは肉類に多く含まれていますが、食べ過ぎると一緒に脂肪も摂り過ぎてしまいます。
積極的に摂りたい場合は、脂身が少なく高たんぱくなヒレ肉や赤身肉が効果的です。
ステーキに使われるヒレ肉は高価なので、現実的には赤身の肉がよいでしょう。

牛肉に多く含まれる

L-カルニチンは、牛肉に多く含まれています。
肉100g当たりのL-カルニチン量は、牛130mg、豚70mg、鶏30mgです。
肉を食べると、L-カルニチンは骨格筋にストックされます。
肉の脂肪が気になる場合にはサプリメントが効果的です。

L-カルニチンのダイエット効果

分解した脂肪をエネルギーに変える

L-カルニチンは、脂肪燃焼を助けるアミノ酸なので、摂取しただけでは痩せません。
体脂肪は分解しないと燃焼させることができませんが、L-カルニチンは分解された脂肪をエネルギーに変える働きがあります。
よって、体内にL-カルニチンが少なければ、運動をしても脂肪燃焼の効率が悪くなってしまうのです。

疲労回復効果もある

L-カルニチンは、分解した脂肪からエネルギーを作り出してくれるアミノ酸です。
毎日肉を食べているお年寄りが元気なのは、L-カルニチンによって疲労回復が速くエネルギーに満ちているとも言えます。

L-カルニチンを増やす

脂を気にして肉を食べないようにしているのに太っている人や、運動をしているのに痩せにくいという人は、牛肉の赤身を食べて体内のL-カルニチンを増やすことを試してみるとよいです。
これでけでも代謝が上がる可能性があります。さらに有酸素運動を取り入れれば効果は倍増します。

すき焼き

すき焼きは、牛肉や豆腐でタンパク質、長ネギや春菊でビタミンなど、栄養バランスがよい料理です。
高カロリーですが、ダイエットに有効な成分が多く含まれ、食べすぎなければ問題ありません。

すき焼き

豆腐
大豆には、代謝を上げるタンパク質、コレステロール値を下げたり、便秘の解消に役立つ食物繊維が多く含まれています。
大豆のイソフラボンは、女性ホルモンに似た成分で、美容効果があります。

長ネギ
タマネギを切ったときに、涙を出させるのが硫化アリルという成分です。
長ネギにも、硫化アリルが含まれ、血液をサラサラにしてくれます。
肉類に含まれ、糖をエネルギーに変えるビタミンB1の吸収率を上げる働きもあります。

生卵
牛肉を卵につけて食べると美味しいですが、その分、カロリーが高くなります。
卵には栄養が豊富ですが、すき焼きだけでも栄養バランスがよいので、カロリーの摂りすぎにには注意が必要です。

しゅんぎく
緑黄色野菜のしゅんぎくには、ビタミンA(βカロテン)が多く含まれています。
ビタミンAは、タンパク質やグリコーゲンの合成などに関わり、ダイエットでも重要です。
ビタミンAは、油といっしょに摂ることで吸収率が上がるので、すき焼きはよい料理です。

しらたき
しらたきは蒟蒻なので、食物繊維が大量に含まれ、カロリーがほとんどありません。
グルコマンナンという水溶性食物繊維が、血糖値の上昇を防いだり、血中コレステロールを減らしてくれます。

割り下
すき焼きの割り下は、味付けが甘く、その分、糖質量が多くなります。
調味料のみりんは、意外とカロリーが高く、大さじ1杯で43kcalあります。

水炊き
すき焼きのカロリーが気になる場合には、水炊き、しゃぶしゃぶに替えるとよいでしょう。
代謝を上げるタンパク質はそのままで、カロリーや脂質を少なくできます。

牛丼

筋トレは負荷が高くなるほどエネルギーをたくさん使います。
牛丼は、たんぱく質とエネルギーをたくさん摂れるメニュー。
キン肉マンは牛丼一筋300年♪うまいの、安いの、早いの~♪です。
が、かきこんで早食いをすると、血糖値が急激に上昇して太りやすくなるので、できるだけゆっくり味わって食べましょう。

牛丼

L-カルニチンのサプリメント

L-カルニチンを摂りたくても、肉をたくさん食べれば、脂肪も多く摂ることになり、意味がなくなってしまいます。
サプリメントを利用すれば、牛肉約400g分に相当するL-カルニチンを、1粒で摂ることができて効率的です。

カルニチン
アサヒ・ディアナチュラ
不足しがちなL-カルニチンに、筋肉をつくる必須アミノ酸BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)を摂取できます。

 




 

 料理のダイエットポイント
 牛肉を食べないと太る?L-カルニチンとは
豚肉は筋肉づくりに最適!体脂肪率も下げる
ボディビルダー御用達!鶏肉でダイエット
肉じゃがは糖質が多いが栄養が豊富
コロッケVSメンチカツ・目的で食べ分ける
唐揚げはヘルシー・ビタミンB6で代謝アップ
餃子は「痩せる」「太る」が紙一重
ごはんとおかゆを比較・どちらがダイエット向き?
卵料理でタンパク質・基礎代謝を下げない
シジミの味噌汁・オルニチンが体脂肪を分解

 

 カテゴリ  低GIダイエット
ラクして痩せる豆知識
代謝を上げる方法
料理の痩せるポイント
ダイエットに役立つ食品