筋トレ・フィットネス&ダイエット
  トップページよく分かる筋トレ体脂肪をエネルギーに

体脂肪をエネルギーにして糖質を節約

遅筋が鍛えられると、体脂肪をエネルギーにできる割合が増すので、たくさん燃やせるようになります。



エネルギー源としての糖質

運動のエネルギー源である糖質は、グリコーゲンという形で体に貯えられています。 筋肉にも貯えられていて、すぐにエネルギーとして使うことができます。 速筋も遅筋も、グリコーゲンをエネルギーとして使います。 しかし量に限りがあり、なくなると運動できなくなり、食事で補給しなくてはなりません。

エネルギー源としての脂肪

脂肪は、皮下脂肪や内臓脂肪として、豊富に貯えられています。 脂肪をエネルギーとするのは遅筋で、速筋は脂肪をエネルギー源としません。 体脂肪をエネルギーに変えるまでには、多少の時間がかかります。

遅筋は脂肪をエネルギー源として使うが…

遅筋は、運動直後は糖質をエネルギー源としますが、運動を継続すると脂肪もエネルギーとして使うようになります。 運動を始めてから20分ほどでピークに達し、脂肪が最も使われる状態になります。 ちなみに、脂肪が糖質と比べて使われる比率は、最大で50%です。

体脂肪をエネルギーとして使うには

遅筋を鍛えれば、体脂肪をエネルギーとして使える能力がアップします。 運動を始めると、ホルモンによって脂肪が分解されて脂肪酸に変わり、血中に流れ出します。 脂肪酸は、筋肉内で呼吸で取り入れた酸素と結びつくことで、水と二酸化炭素に分離し、その際にエネルギーが発生します。 これが、いわゆる有酸素運動で、運動を継続することで、体脂肪がエネルギーとして使われることになります。

糖質を節約してスタミナアップ

遅筋を鍛えることによって、大きな力を出せる糖質が無駄に消費するのを抑えることができます。 結果的に持久力・スタミナがアップするという訳です。



エアロビクスステップ
EGS(イージーエス)
今、話題のスローステップ運動が手軽にできます。
サイズ 長さ:66×奥行き17×高さ10cm・15cm(2段階調整)


アミノバイタル プロ
スティック1本(3g)で、全9種類の必須アミノ酸(EAA)3800mg配合された、スポーツサプリメントです。


 関連項目
 遅筋を鍛えて持久力アップ
 陸上(中・長距離)の効果的な筋トレ
 全身持久力トレーニング・心肺機能を高め、最大酸素摂取量を向上



プライバシーポリシー  
カテゴリ
 効率よい筋力トレ方法
 筋トレメニュー
 チューブトレーニング
 バランスボール
 脂肪を減らすエクサ
 ストレッチ
 有酸素運動
 ウォーキング
 食事で筋肉づくり
 カロリーダイエット
 よく分かる筋トレ
 スポーツ別の筋トレ
 筋トレ器具の効果